2019年ドイツ・ブレーメン レジデンスについてのエッセイ

そういえばすっかりとサイト上でのご報告が抜け落ちていましたが、2019年の夏にドイツのブレーメンへ約1ヶ月間アーティストインレジデンスで渡航しておりました。
現地のGallery Heroldで展覧会を開催し現地のアーティストたちと交流を深めました。
現地での生活について振り返ったエッセイを執筆しておりましたのでこちらに英訳付きで掲載いたします。




「清濁を併せ呑むもの」
“So open minded city and people”



ブレーメンに到着早々、用意してもらった自転車に跨り、颯爽と街中を駆け抜けました。聞くところによると現地民の生活の足はほとんどが自転車か徒歩だそうです。実際、今回の滞在での我々の移動手段は自転車か徒歩がほとんどで、よほど遠い距離を移動する時にはトラムを利用していました。おかげで連日街中をゆっくりと眺めながら散策する機会を自然と得ることができました。



I dashed through the town by a given bicycle right after I arrived at Bremen. It is said that bicycle and foot are essential transportation methods of the citizens. We always used bicycle or we walked actually during our stay and we didn’t use tram except we went so far. It gave us chances to look at the town well and to enjoy walking around everyday.




その道中で視線に入り込んできたのは、街中に無数に広がるグラフィティ。
滞在中は終始それらに目を奪われ、煩雑な汚損とも偶発性から生まれた美とも捉えられるような色彩にどうしようもなく惹かれ続けていました。



When I walked around, countless graffiti spread all over the town got into my eyes.
I had had my eyes on them during whole my stay and the colors of the beauty emerged by chance or it could be said just fouling, had helplessly attempted me.




もちろん日本やそれ以外の国でも少なからず目にはしてきたはずでしたが、どうしてこうも惹かれ続けたのか。それは実際の街並みやそこに住まう人たちの作り出す風景、土地の空気や文化が絡み合っていたからこそのリアリティを感じたからなのかもしれません。



Of course I have seen graffiti in Japan and other countries but why was I attempted so much here? It might be because I saw reality in the mixture of the cityscape, the people, the climate and the culture of the ground.




ドイツでは国策により移民受け入れが積極的に行われていると聞きます。
実際、ブレーメンでは多様な人種を街のそこかしこで目にすることができました。
街中の飲食店や喫茶店、スーパーのレジやその待ち列など、生活の中に多様性が溶け込んでいるようでした。



It is said that the German government promotes to accept immigrants as a national policy.
And I actually saw many different races here and there in the town of Bremen.
In a restaurant, cafe, on aisle and at cashier of supermarket, diversity of citizens seems natural in their everyday life.




それは、以前にフィンランドに2ヶ月滞在した時とは明らかに違った光景でした。人口密度もそうですが、現地のほとんどが同人種だったフィンランド(トゥルク)とブレーメンでは、同じヨーロッパ圏とはいえ、まるで違った様相を呈していました。
これまでいくつかの国を観光で訪れたこともありましたが、やはり観光という視点では現地民とそれ以外の他所者達という構図に写りがちでした。
ですがこの街ではそれぞれの生活それぞれの息遣いがあり、それらが溶け合うことで人も街並みも様々な色を持っていました。



That was clearly different from the town in Finland where I had stayed for two months. Their population densities are different but also in Turku, Finland I saw almost a single race although those two countries are in one Europe.
I have been to some countries as a tourist though as a tourist I only might have seen two types of people; residents and travelers there.
But in this town every unique life and every unique nature comes into one to make the town and the people colorful.




その光景は自身の思い描いていたものとはまるで違い、強いギャップを感じることとなりました。まさにプロジェクト副題のenjoy misunderstandingを実感した瞬間です。
ブレーメンといえば言わずと知れた”ブレーメンの音楽隊”が何よりも有名ですが、そのお伽話そのままのイメージを持ったまま現地に足を踏み入れれば、きっと私が感じたものと同じ衝撃を受け取ることになるでしょう。



That situation was completely different from what I imagined and there was an unexpected gap. That was the moment of my realization of “enjoy misunderstanding”; the subtitle of the project.
Speaking of Bremen, “the Bremen Town Musicians” is other than famous but if you have that nursery tale in your mind to come to the town, you should be shocked as I was so.




先述の通り街中には至るところにグラフィティが描かれており、その精度は様々です。
中には、建物の所有者自らがプロのライターに依頼し高精度なピースを描かせたものもありました。
グラフィティにはいくつかの分類があり、その中のうち、絵や文字が複雑に描かれたものをピース、ほとんど唯の落書きや汚損に近い乱雑な文字だけのものをタグと呼びます。



As I wrote, there were lot of graffiti all over the town and their accuracy was diverse.
There were very accurate one that the owner of the house commissioned a professional painter to make.
There’re some types of graffiti, one called a piece that made of pictures and letters very precisely and the other one called a tag with rough letters which almost like a fouling scrawl.




グラフィティライター達には暗黙の了解として、既存グラフィティに上書きする場合はそれ以上のクオリティのものを描かなくてはならないというルールが存在します。
予め腕の立つライターにグラフィティ作成を依頼することは、雑多な汚損を事前に回避するという予防策でもあるわけです(昨今はその暗黙の了解も軽視される傾向にはあるようですが)。



There’s a implicit rule between graffiti writers. If you write on the former one, yours should have better quality.
Commissioning a good writer can be the method to protect your house from fouling graffiti. (It looks that rule is also ignored recently.)




数多くのグラフィティが描かれた街並みは、場所によってはお伽話の舞台とは似ても似つかない現代的なダウンタウンそのもので、そこには現地の人たちのリアルな生活がありました。
深夜になればその空気はより一層色濃くなり、多くの若者達で賑わう眠らない街を想起させます。



There were some places the cityscape with many graffiti were contemporary downtown sights in reality and far away from nursery tale-like and I could see real lives of residents.
As it became midnight the reality got more and it gave me an idea of a city crowded with young people and never sleep.




一方、日中の川辺ではカップルや家族連れが水遊びを楽しみ、公園や森林ではサイクリングに勤しむ爽やかな光景も数多く目にしました。
これもまた面白いもので、少し区画が変わるだけで突如高級住宅街が目に入るようになったかと思えば、途端にグラフィティも鳴りを潜めるのでした。



While on the other hand couples and families were enjoying to spend time by water in the day time and I often saw fresh sights of people enjoying cycling in woods and in a park.
And it was also interesting that if you went to the next block suddenly you would be in a high-end residential area where no graffiti was anymore.




まるで清濁を併せ飲むようなその街並みや人々の受け入れ方に、文化や価値観の多様性を垣間見た気がします。



As I found the cityscape and the way it accepts people so open-minded, I felt like a glimpse of the diversity in its culture and values.




また、ドイツならではの要素として”印刷技術から派生したグラフィティ”という着眼点を持って接してみると、これもまた非常に興味深く観察することができました。



And I could look at graffiti with great interest as un unique characteristic derived from printing technology of Germany.




ドイツといえば活版印刷発祥の地であり、当時の書物や記録といった情報伝達に大いに貢献した歴史を持ちます。実際にショッピングセンターや大学構内、美術館や図書館など街中で数多く目にした広告物は、タイポグラフィ(印刷物における文字の体裁を整える技芸)が構成要素の大部分を占めており、ほとんど文字だけで構成されたポスターなども多数張り出されていました。



Speaking of Germany it’s the first letterpress printing place and has a history of contribution a lot for communication, for example books and documents in that time. The advertisement goods I often saw in shopping center, university, museum and library were composed mainly with typography and many posters of them were designed only with letters.




これらのタイポグラフィと街中のグラフィティがどこかで関わり繋がっているような、そういった視点で街じゅうの壁を眺めていると、煩雑で騒々しく、毒々しくも鮮やかで華やかなビジュアルの中に、土地の分野や歴史、生活を見出せるような気がしてくるのです。



With a point of view that there might be a relation between those typography and downtown graffiti, I thought I could see their history and life style in annoying, noisy, glitzy but brilliant images on the walls all over the town.




紡がれてきた歴史と学び舎で切磋されてきた技術とストリートで生まれ出た文化が折り重なって一つの体系が出来上がっているのなら、それはとても興味深い化学反応であり、ある意味で何よりも土着的な産物なのかもしれません。



If their history, the technology produced with hard work and the culture emerged on the street have folded over to produce a system, its origin is a very interesting chemical reaction and above all the system is an aboriginal product in one sense.